協和発酵バイオ 健康食品オンラインショップ

文字の大きさ

お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル0120-80-7733

9:00〜20:00(月〜土曜)/9:00〜18:00(日曜・祝日)

協和発酵バイオ

会社案内

協和発酵バイオものがたり

現在の協和発酵バイオの設立は、2008(平成20)年。しかし母体となる協和発酵工業は、1949(昭和24)年に創立しました。このコーナーではそんな当社の知られざる歴史と概要について、ご紹介します。

第1回 世界初の発酵法によるアミノ酸量産化 第2回 CIマークの意味とその由来 第3回 結核を駆逐した「ストレプトマイシン」 第4回 「ジベレリン」による農業分野での貢献 第5回「協和発酵バイオ」誕生の歴史

第1回 世界初の発酵法によるアミノ酸量産化

昭和11年までさかのぼる協和発酵バイオの歴史

 「協和発酵バイオ」の起源は、1936(昭和11)年に設立された「協和会」と、その研究機関「協和化学研究所」までさかのぼります。これらの運営は1945(昭和20)年設立の「協和産業」に受け継がれ、1949(昭和24)年には第二会社「協和発酵工業」へ生まれ変わりました。
 2008(平成20)年に、「協和発酵工業」は「キリンファーマ」と資本提携し、「協和発酵キリン」が発足。そのバイオケミカル事業を分社化して誕生したのが、当社「協和発酵バイオ」となります。

国家的課題であったたんぱく質量産の研究

 1946(昭和21)年、当社の前身である「協和産業」に、一人の研究員が入社しました。後にグルタミン酸発酵を発明し、やがて社長となる木下祝郎です。
 木下研究員は、当時の社長・加藤辨三郎から、3つのテーマを与えられます。ペニシリン、ストレプトマイシン、そしてたんぱく質量産についての研究でした。


グルタミン生産菌(コリネバクテリウム・グルタミクム)


1978〜84年には社長も務めた木下祝郎


1949(昭和24)年に発足した「協和発酵工業」が当社の起源


大手町ビル本社にて、木下氏研究風景

 加藤社長の考えは、こうです。「日本人の体格が欧米人に比べて貧弱なのは、食物中のたんぱく質が少ないのが一因で、必ずしも遺伝的理由ばかりではない。良質のたんぱく質を量産して供給できるようにしたい」。木下研究員はその雄大な構想に驚き、深い感動に打たれたといいます。
 「たんぱく質をたくさん作っても採算が取れそうにない。いっそたんぱく質の構成成分であるアミノ酸を量産しよう」。木下研究員は、微生物からアミノ酸を生産することを考えました。当時は小麦や大豆からたんぱく質を分離・分解してアミノ酸を作る「抽出法」が主流でしたが、コストが高いのが欠点だったのです。
 そして1956(昭和31年)、発酵工程によりアミノ酸の一つである「グルタミン酸」を作り出す菌を発見。アミノ酸の量産に世界で初めて成功しました。

新風を巻き起こしたアミノ酸発酵

 「発酵法」の発明は、食品工業界に革命を起こしました。また研究を重ねた結果、グルタミン酸のみならず、リジン、オルニチン、アルギニン、スレオニン、バリン、チロシンほか、多くのアミノ酸を発酵法により大量生産することに成功。食品工業だけにとどまらず、飼料畜産や医療輸液、医薬品中間原料、高分子素材、ファインケミカル原料などの分野においても、大きな貢献を果たしました。
「協和発酵工業」は、「アミノ酸発酵」という一大事業分野を確立した、バイオテクノロジーのパイオニアだったのです。

バックナンバー
第1回 世界初の発酵法によるアミノ酸量産化

第1回 世界初の発酵法によるアミノ酸量産化

協和発酵バイオの前身「協和発酵工業」は、1956年に微生物の力でアミノ酸を量産する革新的な方法「発酵法」を発明しました。

第2回 CIマークの意味とその由来

第2回 CIマークの意味とその由来

緑色の丸と「KYOWA」の文字を組み合わせた協和発酵バイオのCIマークには、さまざまな思いが込められています。

第3回 結核を駆逐した「ストレプトマイシン」

第3回 結核を駆逐した「ストレプトマイシン」

協和発酵バイオの前身「協和発酵工業」が、かつて日本で「不治の病」と恐れられた結核の撲滅に貢献したことをご存知でしょうか?

第4回 「ジベレリン」による農業分野での貢献

第4回 「ジベレリン」による農業分野での貢献

種なしぶどうを作る植物ホルモン「ジベレリン」。協和発酵バイオの技術は、農業の分野においても大きな貢献を果たしています。

第5回 「協和発酵バイオ」誕生の歴史

第5回 「協和発酵バイオ」誕生の歴史

私たちは協和発酵キリングループの一員として、「協和発酵工業」の時代から受け継がれるバイオケミカル事業を展開しています。

  • 社長挨拶
  • 会社概要
  • 私たちの思い
  • ヘルスケア商品 開発センターについて
  • お客様センター
  • 協和発酵バイオものがたり